Chanoma

Chanomaでお茶でも飲みながら、のんびりまったりと。気ままにスマのこと、日々のこと、あれこれ。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

『2012』

この間、映画『2012』を観てきました。


予告を観たときから気になっていた、この映画。
とにかくスゴイです。
何がスゴイかっていえば、地球が崩壊していく描写のリアルなこと。
地割れ、ビルの倒壊、火山の噴火、津波…と。
これでもかってぐらい、次々と起こって。
「うわっ!」「ひえっ~」って、何度も何度も声が出そうになるぐらいの凄まじい迫力でした。
ええ、こんなにも観てて肩の凝る映画はなかなかないです。
いや~、ホントに観終わった後はちょっとグッタリしましたよ(笑)
それぐらい迫力があったんです。


ただ内容的なことでいうと、個人的には「うーん、ちょっと…」だったかな。
ホントにホントにすごい大迫力で、ハラハラドキドキで、
絶対に映画館で観て、その迫力を感じたほうがいいって思える映画なんだけどね。
うーん、ちょっとあまりにも期待しすぎてたのかな。


それから…。

≫ Read More

スポンサーサイト

| 映画 | 2009-12-29 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

『風が強く吹いている』

箱根駅伝を題材にした映画、『風が強く吹いている』を、このあいだ観てきました。
こちらのブログではネタバレ的なことはしませんが…。

ストーリーはベタな展開もあったりするけど、
でも笑って泣いて感動して、「スポーツって素晴らしい。仲間って素晴らしい」って、
そう感じた爽やかな映画でした。

走るシーンがたくさんあるんだけど、特に箱根駅伝のシーンは、
すごく臨場感があって、スケールが大きく迫力がありました。
そんな中でも、特にカケル役の林くんのフォームの綺麗なこと。
走りの素人の私から見ても、とにかく綺麗でスピード感がありました。

それから、いつも温かな笑顔を浮かべ、慈愛に満ちた眼差しで皆を見てて、
甲斐甲斐しく皆の世話を焼く。
そんな優しくて頼もしくて包容力のある、
アオタケメンバーのお母さん的存在のハイジが、素敵だったー
小出くんにハマってたんじゃないかな~と思います、ハイジは。

アオタケメンバーってハイジを含め、みんなとても個性的なんだけど、
もう少しどのキャラのことも掘り下げてほしかったかなって、ちょっと思いました。
まあ、尺がたりなかったんだろうけど、そこが少し残念だったかな。


それにしても、私ってこういう何もないところから皆で努力して、
大きな目標に向かっていく…っていう青春モノって好きなんだなあと、
改めて思いましたよ。
ROOKIESなんて、ド・ストライクでしたからね~(笑)

さっ、原作読もうっと。

| 映画 | 2009-11-06 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

『TAJOMARU』

先週のことだけど、映画『TAJOMARU』を観てきましたー。
以下、ちょっとネタバレありの感想。

≫ Read More

| 映画 | 2009-10-01 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

アマルフィ 女神の報酬

前々から観たいな~と思ってた映画、『アマルフィ 女神の報酬』を、
ようやくこのあいだ観てきました。

≫ Read More

| 映画 | 2009-09-17 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

『MW -ムウ-』

このあいだ、映画『MW -ムウ-』を観てきました。
以下、ネタばれありの感想。


≫ Read More

| 映画 | 2009-08-11 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

夢にときめけ、明日にきらめけ!

観に行ってきました、『ROOKIES -卒業-』
これから観に行かれる方もいるだろうし、私ももう一度観に行く予定なので、
(ポスター欲しさに、前売り2枚買っちゃったのだ(笑))
ネタバレなどはしませんが。

夢を持つことのすばらしさ、夢を追いかけて懸命に努力することのひたむきさ、
仲間を想うことの大切さ…。
熱い想いがいっぱい詰まった、笑いあり、涙あり、感動ありの映画でした。



ただ本音を言えば、できれば映画というよりドラマとして、続きが見たかったなあ。
なんというか、映画では尺が短すぎるんだよね。
色々と詰め込みすぎになってたんじゃないかなって。
例えもう1クールドラマをするのが無理だったとしても、
せめて新入生のエピなんかを、スペシャルドラマとして映画の前にやってくれてたら、
もう少し違ってたかな~と思ったり。

…と、ちょっと辛口なことを言ったけど、
でもしっかりとアイツらにトキメキ、泣かされましたよ、私。
うん、ROOKIESが大好きです♪
ニコガクメンバーみんなが愛しいです。
特に御子柴クンがカワエエ
あの「ねぇ、先生…」には撃沈です。

来月、また観るのが楽しみだ~。
だけどこれで最後なんだと思うと、寂しい。

あ、これから観に行かれる方には、エンドロールの最後の最後まで、
席を立つことなく観てほしいです。

| 映画 | 2009-06-20 | comments:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。